DOWAエコジャーナル > e.コラム 過去のコラム一覧 > 小坂鉄道小坂線の貴重なDVD

e.コラム

小坂鉄道小坂線の貴重なDVD

真っ赤な三重連のディーゼル機関車、それに牽引されて、鈍く光るムカデのような十数台の硫酸タンク車が、白銀の山々を背景にしずしずと進んでいく ―――

2009年4月に廃止となった、弊社グループの小坂製錬小坂線。小坂鉱山の鉱石や資材の輸送、鉱山町に住む人々の足として活躍し、近年では、銅製錬の過程で製造された濃硫酸を積んで走っていました。
タブレット交換や腕木式信号機が見られるということで、貨物鉄道ファンから常に熱い視線が注がれていた小坂鉄道。
鉄道ファンであれば、そんな小坂鉄道の貴重な映像を見たくないわけがない!
…はずなのですが、なんと、とある深夜番組で、DVD「冬の小坂鉄道」が、鉄道映像で有名なパシナ倶楽部様の商品で最も「売れていない」DVDとして取り上げられていました。番組の鉄道ファンの皆様からは、大・大・大絶賛の映像であったにもかかわらず…。

鉄道ファンの貴方!
百聞は一見にしかずといいます。小坂鉄道社員しか見ることができなかった、列車から臨むみちのくの雪景色を味わうことができるDVDです。
冬の小坂鉄道

小坂鉄道をもっと知りたい方には、いずみ企画様のDVD「今、映像で甦る 秋田の小坂鉄道」がおすすめです。
今、映像で甦る 秋田の小坂鉄道

余談:
なお、弊社グループには、すでに廃線となった「同和鉱業片上鉄道」という鉄道もあったのですが、それはまたの機会に…。


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ