DOWAエコジャーナル > e.コラム 過去のコラム一覧 > 『男子厨房に・・・』

e.コラム

『男子厨房に・・・』

私の数少ない趣味の一つは料理。
私の休みは嫁が料理を休む。『男子厨房に勝手に入る』これが我が家のルールだ。
嫁と、私の子分2人が布団の中で寄り添う中、メールチェックをした後に私はこっそりコックに変身する。料理をする時だけは、すべてを忘れる。
大学生の頃、中華料理屋・鮮魚店で掛け持ちアルバイト5年の経験はここで生かされる。なぜ5年かは秘密・・・。

今日の朝食はパスタ。冷蔵庫と相談し、男のパスタを作る事にした。

作り方

  1. 玉ネギ、にんにくをみじん切りにする。
    (包丁を研いでから切ると涙が出ません。)
  2. 玉ネギをオリーブオイルでキツネ色まで弱火で炒め、白ワイン、コンソメで味と香りを加え、別のお皿に取る。
    (味と香りが食したときに広がります。)
  3. オリーブオイルで唐辛子・にんにくを弱火で炒めてから香りが移ったら、ベーコン・エビ、舞茸・シメジを炒める。白ワインはこのタイミングで。
  4. パスタをたっぷりの水で茹でる。時間は短めで。
  5. 3. に火が通ったらトマト、パスタの煮汁、2. を入れて煮詰め、塩・胡椒・コンソメで味を調える。嫁を起こすのはこのタイミングで。
  6. 茹であがったパスタを5. と絡め、味を確認。
    旨いと感じたらできあがり。

ポイント

  • すべてを忘れ、美味しい出来上がりを想像して作ること
  • 子分には辛くない料理を別に作ること

「もうすぐできるよ、はやくお皿もってきて!」
これが我が家の休日の会話のはじまりである。
「今日はどうかしら?」
「まずまずですね。美味しいよ。」


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ