DOWAエコジャーナル > e.コラム 過去のコラム一覧 > 秋田の冬 ~つらさ・楽しさ~

e.コラム

秋田の冬 ~つらさ・楽しさ~

雪が積もるところで生活したことがなかった私が、秋田に赴任をして4年がたち。
いまでは朝のニュースで最高気温が氷点下であることを確認しながら、「まだ春は遠いなぁ~」と当たり前にとらえていることに気づき、少しは秋田県人になったのかと思いました。

秋田に赴任した最初の冬は驚きの連続でした。
例えば・・・・

  1. 車の内側が凍る
  2. 水を流し続けないと配管が凍る
  3. プライベートで長靴が必須
  4. 部屋の気温が冷蔵庫より低い

まだまだ、“冬の季節あるある”はありますが、「4. 部屋の気温が冷蔵庫より気温が低い」のは、ある日出張で部屋を2日ほど空けてから、冷蔵庫の外に出していた大根を切ったときに断面がシャーベット状になっており、最高気温が氷点下以下の環境の恐ろしさを実感した瞬間でした。

ただし、そんなつらい冬の時期を楽しませてくれるものも秋田にあります。
それは・・・

と日本人の心の癒しながら体重を増やしてくれる最高の3本柱です。
冷えた身体を温泉で温めた後は、おいしい鍋をつつきながら日本酒を飲むのは最高の贅沢であり、翌日の活力となります。

秋田に立ち寄ることがあるかたは、ぜひ温泉となべと日本酒を楽しんでください。


この記事は
エコシステム秋田
亀倉 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ