DOWAエコジャーナル > e.コラム 過去のコラム一覧 > 都心でBBQ

e.コラム

都心でBBQ

現在、eコラム初のシリーズ「キャンプ キャンプ キャンプ」を連載しています、上田です。

私がキャンプにはまったのは、4年前、子供を連れて「手ぶらでキャンプ」をした時に、キャンプ場で食べたご飯がおいしくて、木に囲まれてまったりするのっていいなぁと思ったのがきっかけです。

今年は、ほぼ月1ペースでキャンプに行っているのですが、最近、都心でもBBQができるので飲み会BBQをしてきました。
これは、デパートの屋上など、ビアガーデンのような会場でBBQができるというもので、会社の近くでも手ぶらBBQができます。最近のBBQ人気を反映して、ビアガーデンでのBBQも中々予約が取れない状況です。

あれ? キャンプって、自然の中でご飯を食べるのがよかったのでは? と思ったみなさま。

そうなんです、自分でもよくわからないのですが、「外で」というのが焼肉屋さんとは違い、「BBQグリルで自ら焼く」というのがピクニックとは違います。炭火でない、BBQコンロで焼いても楽しくおいしかったので、何にそんなにはまっているのか、自分でもわかりませんが、とにかく楽しいです。

こんなBBQグリル、決して自分で買えないギアを使えるのも、テンションが上がる一因かもしれません。

写真の左側にちらりと映っていますが、店員さんが気にかけていて、アドバイスをくれたり、手伝ってくれるので、初心者でも安心感があります。

とにかく焼いて、食べて飲む。それだけです。ツーバーナー(二口コンロ)の片方で、お肉を焼き、もう片方でカレー用のご飯を飯盒で炊きました。飯盒でご飯を炊いたのはいつ以来だろう・・・と話に花が咲きます。お店の方に、というお肉の油で野菜を焼くと良いと教えてもらいました。

マシュマロを焼いて、チョコクッキーで挟んでスモアを作って、幸せに終了しました。


上田 この記事は
DOWAエコシステム 環境ソリューション室
上田 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ