DOWAエコジャーナル > e.コラム 過去のコラム一覧 > ソーラーランタンが便利♪太陽光発電を気軽に生活に取り入れてみませんか?

e.コラム記事一覧 ▶︎

ソーラーランタンが便利♪太陽光発電を気軽に生活に取り入れてみませんか?

■はじめに

近年、エコな発電方法として太陽光発電が広く知られていますが、生活に取り入れるとなると、「設置や管理が大変そう」「お金がかかる」といったイメージがあり、ハードルを高く感じている方も多いかもしれません。
そんな方にぜひオススメしたいのが、ソーラーランタンです。太陽光で充電できる照明器具で、気軽に暮らしの中に取り入れられます。しかも、エコなだけではなく、とても便利なんです!

今回は、そんなソーラーランタンの使い方やメリット、注意点をご紹介します。

■メリット1. 太陽光で充電できる

なんといっても、電池が必要なく太陽光のみで使えるというのがエコなポイントです。製品にもよりますが、6〜9時間でフル充電完了するものが一般的です。点灯時間は、明るい光でも6時間、弱い光であれば13時間も持続的に点灯できるものもあります。

こんなふうにベランダに吊るしたり、窓辺に置いたりして充電します。

面倒な電池交換が必要ないのは楽ちんですよね。ほとんどの製品がLEDライトを使っているので、熱くならないのも安心して使えるポイントです。

■メリット2. 軽量でコンパクト

従来のランタンの、かさばるし重たいという難点を見事に解消してくれています。持ち運びにとても便利なので、アウトドアや非常時の避難用などにも使えます。

パタンと薄くした状態でリュックサックに括り付ければ、登山をしながら充電することもできるので、登山家やキャンパーにも人気のようです。

■メリット3. おしゃれな間接照明としても使える

最近ではデザイン性も多様化しており、普段使いできるオシャレなものもたくさんあります。明るさを段階的に調節できるものも多いので、用途によっていろんな使い方ができそうです。

夜用の間接照明として普段使いすれば、エコなだけでなく電気代の節約にもなります。オレンジ色の優しい光は、睡眠の質をあげるのにもいいかもしれませんね♪

屋外のイベントなどでは、点滅するバージョンも活躍しそうです。

■注意点

  • 充電は、日差しの強い日がおすすめです。太陽の方向や天候によって、充電時間は大きく変わるので注意が必要!ライトは消灯した状態で充電しましょう。
  • 満充電の状態で1年間しまっておくと60%ほどのバッテリー残量になるものもありますが、点検の意味も込めて半年に一回は充電と点灯をさせるといいようです。非常時にパッと使えるように、常にある程度の充電を貯めておくようにしましょう。

■さいごに

いかかでしたか?
今回は、手軽にエコを取り入れられるアイテムとして「ソーラーランタン」をご紹介しました。自然のパワーだけで使えるというのは、ゴミも出ず気持ちいいですよ♪

また、防災訓練の一環として、ひと晩防災グッズのみを使って過ごしてみるのもいいかもしれません。非常時に自分が何を必要とするのかがわかりますし、道具のメンテナンスにもなるので、おすすめです。

今使っている照明が壊れたという方は、ソーラーランタンに買い替えて、エコを暮らしの中に取り入れてみてはいかがでしょうか。


この記事は
アウトドア用品店に勤務しエコや環境活動、環境破壊の
実情などを多くの人に伝える シマ が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ

⬆︎