DOWAエコジャーナル > 法規と条例 記事一覧 > 2021年4月からカドミウム・トリクロロエチレンの土壌の基準値が強化されます

法規と条例記事一覧 ▶︎

2021年4月からカドミウム・トリクロロエチレンの土壌の基準値が強化されます

1. 経緯

有害物質に関する水質環境基準の改正に伴い、2013年10月に環境大臣から中央環境審議会に対して、1,1-ジクロロエチレン、クロロエチレン、1,4-ジオキサン、1,2-ジクロロエチレン、トリクロロエチレン、カドミウムの6物質について、土壌環境基準と土壌汚染対策法に基づく特定有害物質の見直しなどについて諮問されました。

関連記事:なるほど話 土壌汚染対策法の特定有害物質に関する審議・検討状況

2018年6月18日に答申された第3次答申では、1,2-ジクロロエチレンに関する改正について答申され、カドミウムと、トリクロロエチレンについては、今後検討を進めるとされました。
カドミウムとトリクロロエチレンは、第4次答申で答申され、2020年1月28日~2020年2月26日までパブリックコメントが実施されていました。

2. 改正内容

カドミウム

現行 改正後
土壌環境基準 0.01mg/L
かつ 農用地においては、米1kgにつき0.4mg以下であること。※1
0.003mg/L
かつ 農用地においては、米1kgにつき0.4mg以下であること。※2
土壌溶出基準 0.01mg/L 0.003mg/L
第2溶出量基準 0.3mg/L 0.09mg/L
土壌含有量基準 150mg/L 45mg/kg
地下水基準 0.01mg/L 0.003mg/L
※1
カドミウムに係る環境上の条件のうち検液中濃度に係る値にあっては、汚染土壌が地下水面から離れており、かつ、原状において当該地下水中の濃度が地下水1Lにつき0.01mgを超えていない場合には、検液1Lにつき0.03mg
※2
カドミウムに係る環境上の条件のうち検液中濃度に係る値にあっては、汚染土壌が地下水面から離れており、かつ、原状において当該地下水中の濃度が地下水1Lにつき0.003mgを超えていない場合には、検液1Lにつき0.009mg

トリクロロエチレン

現行 改正後
土壌環境基準 0.03mg/L 0.01mg/L
土壌溶出基準 0.03mg/L 0.01mg/L
第2溶出量基準 0.3mg/L 0.1mg/L
地下水基準 0.03mg/L 0.01mg/L

施行期日

令和3年(2021年)4月1日

詳しくは、環境省ホームページをご確認ください。
土壌の汚染に係る環境基準についての一部を改正する件等の公布及び意見募集(パブリックコメント)の結果について[令和2年4月2日]


永瀬 この記事は
DOWAエコシステム ジオテック事業部
永瀬 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ

⬆︎