DOWAエコジャーナル > 法規と条例 記事一覧 > 実務者のための土壌汚染対策法基礎 その5 土壌汚染対策法の概要

法規と条例記事一覧 ▶︎

実務者のための土壌汚染対策法基礎 その5
土壌汚染対策法の概要

1. 土壌汚染対策法の目的

土壌汚染対策法は、土壌中の有害物質(特定有害物質26物質)による人の健康被害を防止することを目的としています。そのために必要な内容を、大きく以下の項目に分けて法に規定しています。

土壌汚染の状況を把握する 土壌汚染状況調査を行う契機、調査方法、調査結果の報告について規定。また、自主的に調査した場合の取扱いについても規定
発覚した土壌汚染を管理する 土壌汚染が発覚した土地の区域指定や管理について規定
発覚した土壌汚染の措置対策をする 土壌汚染への措置の方法について規定
汚染土壌を運搬・処理する 土壌汚染を運搬したり処理したりする場合について規定

土壌汚染が存在しても、汚染物質を人が摂取する機会(摂取経路)がなければ問題はないというのが法の立場であり、必ずしも汚染を浄化・除去する事が求められるわけではありません。

ただし、敷地内での封じ込め等の対策措置を選択した場合は、継続的な計測など土壌汚染の状態管理が必要となります。

摂取経路とは

土壌汚染対策法の特定有害物質の「摂取経路」とは、以下の2つを想定しています。

(1)地下水経由の摂取

有害物質が土壌から地下水へ溶け出し、その地下水を飲用等で摂取するリスク

図1 地下水等経由の摂取リスク(出典:土壌汚染対策法のしくみ

(2)土壌の直接摂取

有害物質を含んだ土壌を直接口や肌から摂取するリスク

図2 直接摂取リスク(出典:土壌汚染対策法のしくみ

2. 対象となる有害物質と濃度

土壌汚染対策法では、人への健康影響がある汚染物質を「特定有害物質」として規制対象に定めています。特定有害物質に人が触れる機会(摂取経路)の観点から、2種類の基準値が定められています。(この他、対策措置の選択をするための「第二溶出量基準」も定められています。)

  • 土壌溶出量基準/地下水基準……地下水経由で摂取した場合の健康影響の観点から設定
    (土壌から汚染物質がどれくらい溶け出すか)
  • 土壌含有量基準……土壌を直接摂取した場合の健康影響の観点から設定
    (土壌を食べた場合、胃の中でどれくらい有害物質が溶け出すか)

表:土壌の汚染状態に関する基準及び地下水基準

特定有害物質の種類 土壌溶出量基準 土壌含有量基準 地下水基準
(mg/L) (mg/kg) (mg/L)
第一種特定有害物質(揮発性有機化合物) クロロエチレン 0.002以下 0.002以下
四塩化炭素 0.002以下 0.002以下
1,2-ジクロロエタン 0.004以下 0.004以下
1,1-ジクロロエチレン 0.1以下 0.1以下
1,2-ジクロロエチレン 0.004以下 0.004以下
1,3-ジクロロプロペン 0.002以下 0.002以下
ジクロロメタン 0.02以下 0.02以下
テトラクロロエチレン 0.01以下 0.01以下
1,1,1-トリクロロエタン 1以下 1以下
1,1,2-トリクロロエタン 0.006以下 0.006以下
トリクロロエチレン 0.03以下
※0.01以下
0.03以下
※0.01以下
ベンゼン 0.01以下 0.01以下
第二種特定有害物質(重金属等) カドミウム及びその化合物 0.01以下
※0.003以下
150以下
※45以下
0.01以下
※0.003以下
六価クロム化合物 0.05以下 250以下 0.05以下
シアン化合物 検出されないこと 50以下(遊離シアンとして) 検出されないこと
水銀及びその化合物 水銀0.0005以下かつ、アルキル水銀が検出されないこと 15以下 水銀0.0005以下かつ、アルキル水銀が検出されないこと
セレン及びその化合物 0.01以下 150以下 0.01以下
鉛及びその化合物 0.01以下 150以下 0.01以下
砒素及びその化合物 0.01以下 150以下 0.01以下
フッ素及びその化合物 0.8以下 4,000以下 0.8以下
ホウ素及びその化合物 1以下 4,000以下 1以下
第三種特定有害物質(農薬等/農薬+PCB) シマジン 0.003以下 0.003以下
チオベンカルブ 0.02以下 0.02以下
チラウム 0.006以下 0.006以下
ポリ塩化ビフェニル(PCB) 検出されないこと 検出されないこと
有機りん化合物 検出されないこと 検出されないこと

※令和3年4月1日施行より基準値が改正されます

次回は、「実務者のための土壌汚染対策法基礎6:土壌汚染状況調査について」です。

【参考資料】

e-GOVホームページ
「土壌汚染対策法」条文

公益財団法人日本環境協会ホームページ
土壌汚染対策法のしくみ
土壌の汚染状態に関する基準及び地下水基準


この記事は エコジャーナルサポーター
コンサルタント、ライターとして活動中
 B&Gコンサルティング
藤巻 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ

⬆︎