DOWAエコジャーナル > リスクのクスリ 記事一覧 > 土壌概況調査で表層土壌に汚染が確認されたら、深度調査を実施しなければいけないのか?

リスクのクスリ

土壌概況調査で表層土壌に汚染が確認されたら、深度調査を実施しなければいけないのか?

深度調査の目的は、掘削除去等の措置を行う場合に、汚染土の掘削深度を確定することを目的とする他、地下水汚染の有無を評価する必要がある場合に行います。
そのため、表層で汚染があった場合についても、汚染拡散のおそれが無い場合等には必ずしも深度調査の義務はありません。
ただし、東京都等の一部の自治体では表層調査の結果、汚染が確認された場合に一律に深度調査を課す場合があるため注意が必要です。


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ