DOWAエコジャーナル > カタログに載らない話 記事一覧 > 何故DOWAは「それ」ができるのか? エコシステム千葉の処理メニュー

カタログに載らない話

エコシステム千葉の処理メニュー

DOWAグループでは、一般的な産業廃棄物(汚泥、廃液、廃プラスチックなど)の他にも、多種多様な産業廃棄物の処理を行っています。
今回は、エコシステム千葉(千葉県袖ヶ浦市)で処理が可能な品目の一例をまとめました。

取り扱い品目  
重金属含有汚泥 全ての重金属処理の許可を保有し、様々な有害廃棄物の処理が可能です。
(産業廃棄物処分業許可証)【PDF】
(特別管理産業廃棄物処分業許可証)【PDF】
廃試薬 1本ずつ廃試薬の危険性・有害性などを判断し、適切に処理を行います。
ハロゲン系廃液
塩化ビニール 等
焼却により生じる酸性ガスは苛性ソーダや消石灰などで中和を行います。
大気汚染防止法を遵守することはもちろん、自主基準を設け排ガスの適正な管理を行っております。
フロン フロン類破壊業の許可を取得し、フロン回収破壊法に則った適切な処理を行います。毎年、実証試験を行い99.999%の分解率の達成を確認しています。
溶剤
鉱物油
廃棄物を焼却するための助燃油としても、活用しております。性状によっては、有価で買い取れる場合もありますので、お問合せください。
┃お問い合わせ┣ otoiawase@dowa-ecoj.jp
引火性(可燃)廃棄物
(泥状物、固形)
引火性のある泥状廃棄物や固形塗料のような固形廃棄物も、窒素を充填した中で容器ごと破砕し、焼却します。窒素雰囲気中で破砕するので、安全に処理することが可能です。
酸性廃油 酸性と溶剤の両方に耐性のあるタンクがあるため、ローリー車での受け入れが可能です。その他ローリー車だけでなく、様々な荷姿での受け入れにも対応できます。
廃製品
廃棄製品
破砕機により、確実に製品の機能破壊が行えます。廃棄物を個別に管理する立体倉庫で管理するので、セキュリティー対策も御安心いただけます。また、お客様の立会いのもとでの処理も行っています。
ロール状廃プラスチック 様々な大きさ・形状の物を破砕機で処理することができます。1m角程度まで処理が可能なので、パレットごと処理することもできます。
粉体物 工場受け入れ・キルン投入時など、各工程で特殊ミストをスプレーし、粉塵発生を防止し、粉塵爆発対策を行っています。

DOWAエコシステムの処理工場はお客様のニーズに応えて様々な廃棄物を処理する為、日々、改善活動・設備改善を行っております。
お気軽にご相談ください。


この記事は
エコシステムジャパン
GOEさん が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ