DOWAエコジャーナル > カタログに載らない話 記事一覧 > エコプロパネル(2) DOWAエコシステムの資源リサイクル

カタログに載らない話

エコプロパネル(2) DOWAエコシステムの資源リサイクル

エコプロダクツ展で展示したパネルを、エコジャーナルで紹介します。
シリーズ第2回は「資源リサイクル」です。

私たちの生活は便利な自動車や電化製品に支えられています。

自動車やパソコン、携帯電話を作るのに、2013年の1年間の使用された資源の量を、下の表にまとめました。たくさんの金属が世界中で使われており、今後もますます使用量は増えていくと推測されます。

金属は、主に鉱山から掘り出される鉱石から取り出されています。
しかし、鉱石は無限にあるわけではありません。
たとえば金鉱石の場合、今のペースで掘り続けると、あと19年で掘りつくしてしまうといわれています。

すると19年後には電化製品が作れなくなってしまい、便利な生活が送れなくなってしまうのでしょうか?

実は、使われなくなったものに含まれる金属をリサイクルすることで、金属を取り出すことができるのです。

ではリサイクルとはどんなことをしているかといいますと、まず、使われなくなったさまざまな製品を集め、分解、粉砕して、スクラップにしこれらのスクラップから様々な方法で金属を取り出します。
例えばDOWAグループの場合はスクラップを特殊な薬液に浸けたり、高温の炉に投入したりすることで金属を溶かし出します。

そして取り出した金属が、また便利な製品つくりに使われていくのです。

【出典】

2013年の資源使用量

【含有金属量】

  • 自動車
    - Cu:社団法人 日本自動車工業界「小型自動車における原材料構成比率推移」
    - Au,Ag,Pd:一般社団法人 日本ELVリサイクル機構「平成24年度 自動車リサイクル連携高度化事業(使用済み自動車に含まれる貴金属・レアアース磁石の効率的な回収・リサイクルに関する実証事業)業務」
  • PC
    -白波瀬 朋子、貴田 晶子「詳細解体による廃パソコン中の金属含有量の推定」廃棄物資源循環学会論文誌 Vol.20(2009) No.4 p 217-230
  • 携帯電話
    -環境省 第1回 使用済小型家電からのレアメタルの回収及び適正処理に関する研究会 資料(資料3)MOBILE PHONE PERTNERSHIP INITIATIVE(MPPI)Basel Convention

【全世界生産・出荷台数】

  • 自動車
    - 一般社団法人 日本自動車工業会「世界各国/地域の四輪車生産台数(2013年度)」
  • PC
    - 生産台数:IDC「Worldwide Quarter PC Tracker」
  • 携帯電話
    - 一般社団法人 電子情報技術産業協会「移動電話に関する市場調査報告書〜スマートフォンの拡がりと新たなステージに向けて〜」

この記事は
蘇州同和資源綜合利用有限公司 蔵石、
リサイクル事業部 志水が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ