DOWAエコジャーナル > e.コラム 過去のコラム一覧 > ~サーフィン~

e.コラム

~サーフィン~

趣味でサーフィンをしています。見た目その様に見えないのか、えっといわれる事が多いのですが、かれこれこそこそと10年以上続けています。

さて、週末が近づいてくると、天気が急に気になりだし、波情報サイトで波高、風向きをチェックしてどこの海に行こうかとわくわくしています。住んでいる横浜からは、千葉、伊豆、湘南とたくさん行き先があるので飽きる事はなくまだ行ったことのないビーチに行き、お気に入りの場所発見する事も楽しみの一つです。

また、自然を五感で感じる事もサーフィンの醍醐味であり、潮風の香り、太陽の光、海や砂の暖かさ、風の冷たさ、海と空の色や広さ、などなど五感を働かせるといろいろな事に気づきます。

海に入ると、足をぬるっと魚が触ったり、満潮になると海面をぴょんと魚が跳ねたり、くらげがふわふわ漂っていたり、海藻が絡まったり、時には岩場の牡蠣を踏んで足を怪我したり・・・生き物の恵みを感じることもできます。
そして、時には波に巻かれたり、潮流に流されかけたり・・・自然のパワーに圧倒されることもあります。

そんな自然の恵みに溢れる海ですが環境問題について考えさせる事もあるんです。
海の色が綺麗でないところもあるし、海岸線は砂が減って遠浅なビーチが少なくなってきているし、テトラポッドなどの人工物も多いです。海だけではなく川・山・森林の環境破壊とも係わっていますね。そして有名なビーチにはたくさんの人が訪れ、いろいろな物を残して(捨てて)行きます。よく見ると本当にいろいろな物が落ちてるんです。日本人が捨てたごみだけでなく海外から漂着するごみも多いですね。まさに世界の環境問題の縮図ですね。

廃棄物の仕事をしているためか、私は特にごみが気になります。ドラえもんがもしもいたら「ビーチ・クリーナー」なんて物をおなかの四次元ポケットから出してもらって、世界中の海をリゾート地のような綺麗な海にしたいなっていつも考えています。いやいや、だめだめ、ドラえもんに頼らずに自分達で綺麗にしなきゃ!

海そして自然の恵みを守るため私たちの環境事業も貢献しています。みんなで世界の海を守っていきたいですね。


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ