DOWAエコジャーナル > エコペディア 用語一覧 > 持続可能な開発目標(SDGs)

エコペディア

持続可能な開発目標(SDGs)

じぞくかのうなかいはつもくひょう

2015年に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」において、国際社会共通の目標として定められました。

「持続可能な開発のための2030アジェンダ」は、2001年に策定されたミレニアム開発目標(Millennium Development Goals:MDGs)の後継として国連で定められた、2016年から2030年までの国際目標です。

MDGsは、極度の貧困と飢餓の撲滅など、2015年までに達成すべき8つの目標を掲げていました。
持続可能な開発のための2030アジェンダでは、MDGsの残された課題(例:保健、教育)や新たに顕在化した課題(例:環境、格差拡大)に対応すべく、新たに17ゴール・169ターゲットからなる持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)を定めました。

2015年9月、国連事務総長の主催による「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択する国連サミットがニューヨークの国連本部で開催され、日本からは安倍総理大臣が出席し、今後のアジェンダ実施に向けた日本の考えや貢献策等を発信しました。

持続可能な開発目標(SDGs)17ゴール

  1. 貧困の撲滅
  2. 飢餓撲滅、食料安全保障
  3. 健康・福祉
  4. 質の高い教育
  5. ジェンダー平等
  6. 水・衛生の持続可能な管理
  7. 持続可能なエネルギーへのアクセス
  8. 包摂的で持続可能な経済成長、雇用
  9. 強靭なインフラ、産業化・イノベーション
  10. 国内と国家間の不平等の是正
  11. 持続可能な都市
  12. 持続可能な消費と生産
  13. 気候変動への対処
  14. 海洋と海洋資源の保全・持続可能な利用
  15. 陸域生態系、森林管理、砂漠化への対処、生物多様性
  16. 平和で包摂的な社会の促進
  17. 実施手段の強化と持続可能な開発のためのグローバル・パートナーシップの活性化

12. 持続可能な消費と生産に、廃棄物に関する目標も掲げられています。

  • 2030年までに小売・消費レベルでの世界全体の一人当たりの食品の廃棄を半減(12.3)
  • 2020年までに化学物質やすべての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。(12.4)
  • 2030年までに廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。(12.5)

GRI(グローバル・レポーティング・イニシアチブ)、国連グローバル・コンパクト、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)が制作した、「SDG Compass SDGsの企業行動指針 -SDGsを企業はどう活用するか―」では、企業がSDGsを利用する理論的根拠として、

  • 将来のビジネスチャンスの見極め
  • 企業の持続可能性に関わる価値の増強

が挙げられています。

【参考資料】

環境省ホームページ
持続可能な開発のための2030アジェンダ/SDGs

公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)ホームページ
持続可能な開発目標(SDGs)について

外務省ホームページ
持続可能な開発のための2030アジェンダ 仮訳

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン ホームページ
SDG Compass SDGsの企業行動指針 -SDGsを企業はどう活用するか―(日本語訳(翻訳:グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)、公益財団法人地球環境戦略究機関(IGES))


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ