DOWAエコジャーナル > エコペディア 用語一覧 > ファクターX

エコペディア

ファクターX

ふぁくたーえっくす

ファクターX(新旧製品の環境効率比)

1991年にドイツのブッパタール研究所が提唱した、ある製品の環境効率が過去に比べて何倍向上したかを示す指標。例えば4倍向上した場合、その倍率をXに置き換え、「ファクター4」と言われます。
例えば、冷蔵庫を買おうと考えている場合、冷蔵庫の環境負荷は大きさに比例します。130リットル冷蔵庫の環境負荷と550リットルの冷蔵庫の環境負荷は違います。また、冷凍庫の大きさ、チルド室の大きさなど色々なオプションによっても違ってきます。色々な商品が並んだ店頭では、どの冷蔵庫が効率的なのか分かりにくいと思います。
例えば、大きくて環境負荷の小さな冷蔵庫を探していた場合どうすればいいでしょうか。
1つの方法は、環境負荷を大きさで割って、リットルあたりの環境負荷を計算する方法。もう1つは、どれくらい技術革新されているか旧モデルと比べる方法。などが考えられます。後者がファクターXと呼ばれ、その製品の環境効率が過去に比べて何倍向上したかを示す指標です。


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ