DOWAエコジャーナル > 海外事情 記事一覧 > 世界のゴミ箱から(4) 〜スウェーデン〜

海外事情

世界のゴミ箱から(4) 〜スウェーデン〜

今回は、スウェーデンで見かけたごみゴミ箱についてご紹介します。

1. 空港で

分別ごみ箱が主流です。

スウェーデンでは、容器包装やボトルなど拡大生産者責任(EPR)の元に回収・リサイクルされています。
そのなかでも、紙は特殊で、雑誌などの古紙は出版会社の所有物であると聞きました。確かにどのごみ箱でも紙を分別しています。

2. 街中で

ごみ箱が、街の風景にマッチして、おしゃれな雰囲気を壊さない(主張しない)という印象でした。

ちょっと溢れているごみ箱も
(この日は、トライアスロン大会で賑わっていたためだと思われます。)

3. スーパーで

4. ドライブインのごみ箱

「ごみはごみ箱に」のマークは、日本の統一美化マークと似ています。

統一美化マーク
1981年以来、食環協からのメッセージとして、新聞・テレビの広告、自販機、道路沿いの立て看板、のぼり、横断幕に登場しています。
公益社団法人 食品容器環境美化協会 ホームページ

■最後に

北欧家具に代表されるように、おしゃれなイメージがあるスウェーデン。
ごみ箱自体が、格別おしゃれな訳ではないですが、素敵な街のイメージを壊さずマッチしていて、ごみ箱まで素敵に見えました。

この記事は
DOWAエコシステム 環境ソリューション室
上田 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ