DOWAエコジャーナル > なるほど話 記事一覧 > アメリカの森林火災

なるほど話記事一覧 ▶︎

アメリカの森林火災

2020年夏、アメリカ西海岸全体が大規模森林火災に見舞われました。

カリフォルニアの焼失面積が1番広かったのですが、カリフォルニア州の北のオレゴン州も大規模な森林火災が起きました。

(参考)米西海岸の森林火災、オレゴン州で数十人が行方不明(BBC NEWS JAPAN)

【写真特集】米カリフォルニア州山火事、過去最大の焼失面積記録(AFPBB News)

(出典)Google map

消防署の署長が必死に署員と火事を消していたら、自分の家も燃えてしまっていたとの報道もありました。

(参考)Oregon fire chief and crew lose homes, station as they battle Holiday Farm Fire(NBC NEWS)

今年の夏はとにかく暑く、カリフォルニアのデスバレーで史上最高温度を更新しました。

(参考)Death Valley Just Recorded the Hottest Temperature on Earth(The New York Times)

はじめのうちは、カリフォルニアでよくある森林火災だと思いましたが、すぐに燃え広がり、サンフランシスコの北、ワインの産地ナパバレーも燃え始め、サンフランシスコの空がオレンジ色になりました。

(出典)California’s raging wildfires: Bay Area skies turn an eerie orange(CNBC News)

燃えていたのは少し郊外のエリアでしたが、サンフランシスコのベイブリッジのそばまで炎が迫って空がオレンジになっており、カリフォルニアにいる友人は、煙で苦しかったそうです。

今回の火災は、若い人たちがロスアンゼルスの郊外の公園で、パーティを開いたことで起きた火災でしたが、気温が高かったためか、すぐに広がり、沢山の家が次々に燃えました。

10代の男の子は、一緒に住んでいた祖母を助けようとして煙に巻き込まれ、一緒にいた犬と共に亡くなってしまいました。

(参考)Family member describes how boy tried to save grandma from fire(CNN NEWS)

亡くなった人は88人、行方がわからなくなっている人が158人、4000の建物が消失しました。火が早かったため、自分が逃げるだけで必死だったという話です。

(参考)List of missing in Camp Fire drops to 158(KCRA-TV)

カリフォルニアは民主党の知事が治めている州ですが、トランプ大統領は共和党です。そのためか、大統領がカリフォルニアには援助しないと言ったり、

(参考)Trump administration rejects, then approves, emergency aid for California fires, including biggest blaze in state history(The Washington Post)

森林をきちんと管理しないのが悪いとカリフォルニアの責任にしようとしましたが、カリフォルニアの森林の90%は国有地と判明し、さらに非難を集めました。

(参考)Trump blames California, but here's how much federal land fires have burned this summer(Redding Record Searchlight)

しかし、森林の管理が悪いから大火事になったのではなく、気温が異常に高くなってきて火災が起きたのです。

科学者がトランプ大統領やカリフォルニア州知事へ温暖化を止めるために必要な事を発表しましたが、トランプ大統領は、「科学にそんなこと分かるわけがない。科学で火事の原因はわからない」、温暖化は「作り話」と言いました。

(参考)First Thing: Trump says 'science doesn't know' what's causing wildfires(The Guardian)

トランプ政権は、パリ協定からも脱退し、CCPIによる国別評価では、前年の59位から61位に順位を下げました。(因みに、日本は51位です。)

(参考)Country Result: Unit4ed States(Climate Change Performance Index)

それでも多くのアメリカ人が、お金がかかっても環境を改善すべきと考えていることがわかりました。

次の政権が温暖化の進行を遅らせるために、数兆円使いたいと言ったことに対してアメリカ人の65%が賛成しています。

(参考)Biden Says Trump at Odds With Most Americans on Climate Change(NBC NEWS)

カリフォルニア州の火事は、収まったわけではありません。今もまだ燃え続けている地域もあります。

(参考)California fires live updates: North Complex Fire claims 16th victim after hospitalized man dies(The San Francisco Chronicle)

(出典)California Fire Map & Tracker(The San Francisco Chronicle)

カリフォルニア州では電気自動車に乗っている人も多く、他の州よりも環境規制が厳しいため、他の州で販売されている車でも、カリフォルニア州では環境規制をクリアできないために販売できない、という事もあります。カリフォルニア州は、アメリカで最初にプラスチックバッグ(レジ袋)の配布をやめた州でもあります。そういう地域が温暖化による被害を1番受けているというのがなんともいえません。

(参考)CALIFORNIA AUTONOMOUS VEHICLE REGULATIONS(State of California)

私が住む東海岸では気温が低いからか、あまり温暖化の影響を感じません。
しかし個人が一人一人環境のためにできることをしていかない限り、国全体で、そう遠くないうちに人が住めないくらいの環境になってしまいそうな気がします。


この記事は
アメリカ在住
プーンゆか が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ

⬆︎