DOWAエコジャーナル

本サイトは、DOWAエコシステム株式会社が運営・管理する、環境対策に関する情報提供サイトです。毎月1回、メールマガジンの発行と情報を更新しています。

文字サイズ

DOWAエコジャーナル > なるほど話 記事一覧 > バイオディーゼル燃料(BDF)とは?

なるほど話記事一覧 ▶︎

バイオディーゼル燃料(BDF)とは?

今回は、バイオディーゼル燃料(BDF:Bio Diesel Fuel)について、当社グループの製造事例を元にご紹介します。

■ディーゼル燃料とは?

ディーゼル燃料とは、ディーゼルエンジンで使用する燃料の総称で、車やトラックで使用するディーゼル燃料としては軽油が一般的です。

■BDFとは?

植物由来の油から作られるディーゼル燃料で、軽油代替品として使用されます。
他のバイオ燃料(液体)には、ガソリンの代替となるバイオエタノールや、ジェット燃料の代替となるバイオジェット燃料があります。

■BDFの用途

BDFは軽油の代替品として使われ、例えば車両(ゴミ収集車や路線バス)や建設機械、ボイラーの燃料として使用されています。

■BDFの原料

BDFは、植物性油を原料に製造されます。菜種油・パーム油などの他、使用済みの食用油(廃食用油)も原料となります。

DOWAグループのバイオディーゼル岡山(株)では、使用済みのてんぷら油などの廃食用油を集め、原料として使用しています。

■CO2削減効果

化石燃料の使用は、地中に蓄えられた炭素を放出することになるため、大気中のCO2濃度が増加します。一方、BDFの原料となるてんぷら油は植物油なため、燃料として使用して発生するCO2によって大気中のCO2を増加させることはありません。そのため、化石燃料の代わりにBDFを使用すると化石燃料をBDFに置き換えた分、CO2が削減されることになります。

バイオディーゼル岡山で製造したBDFをベースに考えると、例えばBDFを1,200kL使用すると、樹木約20万本分のCO2削減効果になります。

■BDFの市場

世界ではバイオディーゼルの利用が拡大しており、以下農林水産省の資料によれば、2031年に約560億tのBDFが消費されると推計されています。原料としてはパーム油や大豆油などの植物油に加え、約2割が廃食用油由来です。

(出典)2022年8月 食料安全保障月報(第14号)(農林水産省)


この記事は
DOWAエコシステム 環境ソリューション室
後藤 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ

ページの先頭に戻ります