DOWAエコジャーナル > カタログに載らない話 記事一覧 > 焼却灰を再生骨材にリサイクルしています

カタログに載らない話

焼却灰を再生骨材にリサイクルしています

2009年12月、DOWAグループに加わったメルテック(株)についてご紹介します。

メルテック(株)では、廃棄物焼却施設から排出される焼却灰や飛灰を溶融し、人工骨材として再生しています。もちろん、DOWAグループ内の廃棄物焼却炉から排出された焼却灰も、メルテック(株)で新たな資源へと生まれ変わっています。

メルテック(株)で製造される人工骨材(商品名:メルエース)の物性は天然石に劣らず、鉛などの有害な重金属の溶出量と含有量はJIS規格を適用した栃木県エコスラグ有効利用促進指針値を満たしています。
そのため、安心して路盤材として利用することができます。

■検査基準値

栃木県リサイクル製品としての認定も受けており、栃木県における循環型社会の形成にも貢献しています。

●重金属溶出・含有

区分 溶出基準値 含有基準値
全水銀 0.0005mg/1 以下 15mg/kg 以下
カドミウム 0.01 mg/1 以下 150mg/kg 以下
0.01 mg/1 以下 150mg/kg 以下
六価クロム 0.05 mg/1 以下 250mg/kg 以下
ヒ素 0.01 mg/1 以下 150mg/kg 以下
セレン 0.01 mg/1 以下 150mg/kg 以下
フッ素 0.8 mg/1 以下 4,000mg/kg 以下
ホウ素 1.0 mg/1 以下 4,000mg/kg 以下

●物性

区分 基準値
比重 2.45g/cm3 以上
吸水率 3.0% 以下
塑性指数 6% 以下
すり減り減量 50% 以下
最適含水比 10% 以下
最大乾燥密度 1.8g/cm3 以上
修正CBR 30% 以上

■売れる再生骨材製造の秘けつ

このメルエースの優れた品質と安全性を支えているのが、コークスベッド方式の溶融炉です。溶融炉内の底部にはコークスが積み重ねられています。これが、コークスベッドです。
投入された処理対象物は、この高温のコークスベッド層(1,800℃以上)を通過することで完全に溶融され、スラグとして排出されます。炉内は還元性雰囲気となっているため重金属が揮散されやすく、炉内に十分な空間を設け圧力を低く保つことで揮散した重金属はスムーズに排気ガスとともに排出され、良質の溶融スラグが得られます。排気ガスは除じん・無害化の後に排出されます。

溶融スラグは、未溶融物が混入することなく高温で排出され、鉄製の容器に注がれ、空冷されます。この過程で結晶化が進み、天然石と同等な物性を持つ溶融スラグ、人工骨材となります。

これまでDOWAエコシステムは、収集運搬から中間処理、最終処理まで一貫したサービスを提供してまいりましたが、今後は、メルテック(株)がマテリアルリサイクルを担う拠点となり、マテリアルリサイクル、ゼロエミッションを含めた幅広いお客様のニーズにお応えしていきます。

■メルテックのポイント

高温での連続出滓

高温度帯を通過後、高温で連続出滓されるため、炉内の状況変化に対し素早く対応することが可能です。

低レベル操業

炉内圧が低く保たれ、重金属が揮発しやすい状態にあり、また安全に操業することが可能です。

栃木県リサイクル製品に認定

とちの環エコ製品として認定されており、県内での土木工事において積極的に利用されています。

メルテック ホームページもご覧ください。


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ