DOWAエコジャーナル > カタログに載らない話 記事一覧 > DOWAの射撃場土壌処理

カタログに載らない話

DOWAの射撃場土壌処理

射撃場の鉛弾混じり土壌は、なじみがないかもしれません。しかし、発射される鉛弾の鉛量は、土壌に放出される鉛の40%を占めるという報告(オランダ)があります。DOWAエコシステムでは平成14年度以来、約26万トンの射撃場土壌を処理しております。

■射撃場土壌の特徴 ~難処理土壌~

  • 高濃度の鉛汚染(含有、溶出)
  • 鉛弾の形状・性状が様々(弾の変形および酸化鉛がカスとなり、原型を留めていないものが多い)
  • 土壌環境分析値以上の総鉛含有量(直径2mm以上の鉛弾が散乱)
  • 土壌に雑物(葉、茎、木、根、クレー、薬莢など)ため分別が困難
  • 土の性状がバラエティに富む(酸性~アルカリ、粘土質等)

■DOWAの射撃場土壌処理の強み

  • 鉱山技術を活かした複数の分別プロセスによる鉛回収率の高さ(90%~98%)
  • 高レベルの雑物・弾丸分別力
  • 鉛は製錬しマーケットに流通させるため、経済的で環境に優しい
  • 場内における作業が少ないため、工期管理が簡単
  • 運搬から最終処理までの一貫体制
  • 圧倒的な価格競争力

当社では、お引き合い戴いた案件のうち95%以上を受注しております。

射撃場の土壌処理実績(平成23年1月現在)
エリア 件数 処理重量(t)
東北 6 28,000
関東 11 121,000
中部 26 87,000
近畿 2 21,000
四国 1 6,000
九州 1 50

この記事は
DOWAエコシステム ジオテック事業部
小泉 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ