DOWAエコジャーナル > カタログに載らない話 記事一覧 > TEC(シンガポール)新焼却炉のご紹介

カタログに載らない話

TEC(シンガポール)新焼却炉のご紹介

Technochem Environmental Complex PTE. LTD.(以下TEC)は、シンガポール西部、トゥアス工業地区に位置する、焼却処理を主とする廃棄物の中間処理施設です。

TECは経済成長の著しいシンガポールにおいて、1982年の操業開始より30年以上廃棄物の適正な中間処理サービスを提供し続けて参りました。2017年に新たな竪型ストーカ炉の導入により焼却処理を強化し、焼却処理を軸として、安定化処理、廃液中和処理及び溶剤リサイクル等を行っています。また、DOWAエコシステムシンガポールと連携する事により、貴金属リサイクルサービスも提供しております。

■新型焼却炉の特徴

●処理能力36t/日の竪型ストーカ新型焼却炉

TECでは、2017年5月より新型焼却炉である竪型ストーカ炉(Vertical Stoker、以下VS炉)を稼働いたしました。VS炉を用いた焼却処理では、東日本大震災の際に発生した災害廃棄物の処理を受け持った経験と実績を活かし、焼却が比較的容易な固形廃棄物以外にも、水分高含有汚泥などの難燃性廃棄物、医療系(感染性)廃棄物、有機系廃液といった、様々な種類の有害廃棄物の処理メニューを提供しております。

●補助燃料を使用しない、低炭素型焼却炉

VS炉では、着火時以外には補助燃料を使用せずに廃棄物を完全燃焼することが出来るため、固形廃棄物を焼却処理する際のCO2排出量を大幅に削減することが出来ます。現在社会的な要望が高まっている、低炭素化型の廃棄物処理も進めてまいります。

■TECの強み

●地域のニーズに応えた、医療系廃棄物処理への強み

TECが存在するトゥアス工業地区の南部には、Tuas Biomedical Parkが立地し、世界各国の主要な医薬品系企業の製造・研究拠点が進出しています。TECでは医療系廃棄物、廃試薬等の有害廃棄物処理への強みを活かし、コンプライアンスを重視するこれらの企業の適正処理ニーズにお応えしております。

●フレキシブルで安全な収集運搬

TECは廃棄物の運搬に用いる専用の車両を自社で保有し、廃棄物の収集運搬を行っています。
お客様のご要望に応じた、フレキシブルな収集運搬体制を構築しています。

直接廃棄物を収集運搬する事で、運搬中の不法投棄を防止する事はもちろん、運搬中の事故などのリスクを低減し、安全で安心して頂けるサービスを提供しております。

【問い合わせ先】

Technochem Environmental Complex PTE. LTD.
住所:23 Tuas Avenue 11, Singapore
(シンガポール中心地より、車で約30分)
TEL:+65-6862-3130
FAX:+65-6861-1873


光 この記事は
Technochem Environmental Complex PTE. LTD.
光 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ