DOWAエコジャーナル > カタログに載らない話 記事一覧 > エコプロ2018ブースツアーを再現します(1) ~プロローグ~

カタログに載らない話

エコプロ2018ブースツアーを再現します(1) ~プロローグ~

2018年12月6日~8日の3日間、DOWAエコシステムは、東京ビックサイトで開催された『第20回エコプロ2018 SDGs時代の環境と社会、そして未来へ』に出展しました。

「家庭から出る燃えるごみや使われなくなった家電製品、工場で発生する産業廃棄物や有価物は、どのように適正処理されているの?」

「廃棄物からどうやって資源を取り出して、どのように資源循環しているの?」

当社ブースでは、ユニークな選択型ブースツアーを通じて、知っているようで知らない廃棄物や使用済みの家電、金属スクラップ等の流れについてご紹介しました。



DOWAエコジャーナルでは、エコプロ2018で実施した選択型ブースツアーをWeb上で再現していきます。

選択型ブースツアーでは、説明を聞いた後にどちらに進むか、それぞれのポイントで2つに分岐していく道をみなさんが決めて進んでいきます。

たくさんのコースがありますが、どうか心配しないでください。
どの道を進んでも、DOWAなら必ず豊かな将来へその道はつながっていくはずです。

なぜなら、「すべての道はDOWAに通ず」と昔から言うじゃないですか!


では、突然ですが質問です。

ごみは、どこから発生しますか?
みなさんの目の前に、突然降ってわくようなものではないですよね。自然にできるものではないということは・・・

そうです。
我々、人間が活動することによって、ごみが発生するのです。

そのごみをそのまま放置したら、地球環境には大きなダメージになります。

では、みなさんの中で、ごみを最後までちゃんと処理できている人はいますか?

実はいません。

なぜなら、ごみを最後までちゃんと処理するには、高度な処理技術が必要だからです。それをできるのが、何を隠そうDOWAなんです!
なぜなら、「すべての道はDOWAに通ず」と昔から言うじゃないですか!


では、ブースツアーの最初の分岐点!
ごみが発生する人間の活動は、ほぼ、工場などから出るものと、みなさんの家庭からでるものの2つに分けられます。

「工場」コーナーに行く方は、下の画像の「工場」をクリックするかこちらをクリックして下さい。
3月号から、順次各コーナーの説明を追加していきますので、お楽しみに!


和田 この記事は
DOWAエコシステム 企画室
和田 が担当しました

※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ