DOWAエコジャーナル > エコシステム花岡が第2最終処分場の供用を開始しました

News

エコシステム花岡が第2最終処分場の供用を開始しました

エコシステム花岡 第2最終処分場の外観写真

2021年4月21日、エコシステム花岡(秋田県大館市)は、2017年から建設を進めていた第2最終処分場の供用を開始しました。

エコシステム花岡では1987年から管理型最終処分場を運営し、自社グループの中間処理施設や近隣自治体から、焼却残渣等の廃棄物を受け入れてきました。

今回供用を開始した第2最終処分場は、合成ゴムシートを2重に用いた遮水構造や漏水検知システム、浸出水を清浄にする排水処理設備などを備え、埋立物を安全に長期管理できる施設です。

DOWAグループは、廃棄物の適正処理や再資源化など環境・リサイクルサービスの強化を引き続き推進し、地球環境の保全に貢献していきます。

■エコシステム花岡 第2最終処分場の概要

施設の設置場所 秋田県大館市花岡町字滝ノ沢82番1
面積および容量 埋立面積45,841m2 埋立容量1,083,954m3
埋立物の種類 一般廃棄物(不燃物残さ、焼却残灰)
産業廃棄物(燃えがら、無機性汚泥(含水率85%以下のものに限る)、廃プラスチック類、ガラスくず、コンクリートくずおよび陶磁器くず、ガレキ類、ばいじん、ゴムくず、金属くず、鉱さい、産業廃棄物を処分するために処理したもの)(以上のうち特別管理産業廃棄物であるものを除く)

エコシステム花岡 第2最終処分場の外観写真

エコシステム花岡について


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ

ページの先頭に戻る