DOWAエコジャーナル > その道の人に聞く 記事一覧 > EU新循環経済行動計画のポイント その1 ~概要~

その道の人に聞く記事一覧 ▶︎

EU新循環経済行動計画のポイント その1
~概要~

公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
持続可能な消費と生産領域
主任研究員
粟生木 千佳(あおき ちか)様

公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)

2016年から2017年にかけて、「EUのCE(Circular Economy)政策」について、お伺いしたIGES(Institute for Global Environmental Strategies)の主任研究員 粟生木 千佳 様に、2020年3月11日に発表されたEU新循環経済行動計画(A new Circular Economy Action Plan For a cleaner and more competitive Europe – The European Green Deal)についてお伺いします。

【その1】概要

EU新循環経済行動計画(以下、新CE行動計画)の概要を整理して、主なポイントをまとめた“Fact Sheet”を2020年3月26日に公表しましたので、その内容を引用しながら、説明していきたいと思います。

IGESホームぺージ
新循環経済行動計画 -よりクリーンかつ競争力の高い欧州へ 概説

EU委員会が新CE行動計画を発表してから読み込んで整理して15日で公表するとは、すごいスピード感ですね。尊敬します!

ありがとうございます。同僚と協力し作成しました。ただ、迅速性を優先して公表したため、追記や修正させていだたく場合があります。どうかご容赦いただくとともに、最新版をご確認ください。

CE行動計画について2016年に、インタビューさせていただいた時には、行動計画の重点分野は、

  • プラスチック
  • 食品廃棄物
  • クリティカルローマテリアル(重要原材料)
  • 建設廃棄物
  • バイオマス

と伺いました。これが変わったのでしょうか?

新CE行動計画は、

  • より製品政策への対応が強化された
  • さらなる廃棄物削減目標の設定を行う方針を明示
  • 消費段階の対策を強化

優先分野として、プラスチックの他に、エレクトロニクス・ICT、バッテリーと車両、テキスタイルなどがあげられたという点がポイントになります。

出所:EU委員会ホームぺージ 「Communication: A new Circular Economy Action Plan for a Cleaner and More Competitive Europe - factsheet

その他にも、ポイントとなることがあれば、教えてください。
「気候変動対策とのシナジー」は、前回のCE行動計画では明示されていませんでしたが、新CE行動計画には盛り込まれました。

はい、「気候中立性の前提条件としての循環経済」という観点で議論されています。これは、2019年12月にでている欧州グリーンディールの方針も反映されているものです。欧州グリーンディールの特に循環経済に関わる点については、また、改めてお話しできればと思います。

廃棄物や資源循環関連だと、以下の点がポイントになります。

  • リサイクル材に関する義務的要件やルール
  • 廃棄物輸出規則改正(域内リサイクル強化)
  • バイオベースプラスチック・生分解性/コンポスト可能プラスチックの政策枠組み
  • プラスチック国際合意の言及
  • 含有化学物質の管理・追跡
  • 天然資源の管理に関する国際合意への言及(資源消費キャップの検討)

その他、

  • 消費段階の取り組み強化:「修理する権利」
  • 企業ガバナンスやファイナンスへの循環経済の統合
  • 指標のさらなる開発

など、幅広い領域で内容が更新されています。

ありがとうございました。来月からそれぞれ個別にお伺いします。よろしくお願いします。


ここまでお読みいただきありがとうございます。


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ

⬆︎