DOWAエコジャーナル > エコペディア 用語一覧 > シュレッダーダスト

エコペディア

シュレッダーダスト

しゅれっだーだすと

廃棄物から有価物を取り出した残りを破砕した破砕くず、又は、破砕した後に有価物が取り除かれた破砕くずのこと。廃棄物処理法では、「自動車等破砕物」と呼ばれる。
使用済自動車から生じたシュレッダーダストをカーシュレッダーダストと言う。使用済自動車以外では、使用済家電等からも生じる。

シュレッダーダストは、廃棄物の重量に対してかさが大きく最終処分場の残余年数を圧迫することや、シュレッダーダストの不法投棄が複数発見され問題となった。

DOWAエコシステムグループでは、シュレッダーダストを再度選別することにより金属資源を回収し、さらにシュレッダーダストに含まれるプラスチックやウレタンを燃料として蒸気の製造や発電を行っています。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S46/S46SE300.html

第六条 第三項 イの(1)
自動車等破砕物(自動車(原動機付自転車を含む。)若しくは電気機械器具又はこれらのものの一部(環境大臣が指定するものを除く。)の破砕に伴つて生じたものをいう。以下同じ。)

つまり、自動車・バイク・家電などの破砕によって生じたものを、自動車等破砕物と定義しています。


※ご意見・ご感想・ご質問はこちらのリンク先からお送りください。
ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

▲このページの先頭へ